iPhone側でコピーした文章や画像をMac側で貼り付ける方法!

29

同じメーカーの製品ということで、様々な連携機能が使えるApple製品。

「Handoff」のように、わかりやすい連携機能もあれば、意外と気づかない便利な連携機能もあります。

「ユニバーサルクリップボード」なんかはその代表例ではないでしょうか?

ユニバーサルクリップボードとは?

ユニバーサルクリップボードとは、Appleのデバイス間で、

  • テキスト
  • 画像(写真)
  • ビデオ

をコピペできる機能です。

具体例

  1. iPhone側で文章をコピーする
  2. Mac側でペーストする(ショートカットキーは「⌘+V」)
  3. 1でコピーされた文章がMac側にそのまま貼り付けられる

Appleのデバイス間であれば自由にコピペできる

具体例では、iPhone→Macでしたが、逆のパターンでもOKです。

また、

  • iPad↔Mac
  • iPhone↔iPad

のコピペも可能です。

ケーブルを繋がなくもOK

この機能の最大の特徴は、わざわざケーブルを繋がなくても、無線でコピペできることです。

一度設定さえしてしまえば、非常に使い勝手が良い機能なので、ぜひ活用してみましょう。

ユニバーサルクリップボードの設定方法

この機能を使う上で重要なのは、各デバイスで同じApple IDを使ってiCloudにログインしていることです。

…とは言え、Apple製品を使う上で、基本的にはこの要件を満たしているはずなので、おそらく、特に設定をしなくてもこの機能が使えるはずです。

(実際に僕は、何の設定をしていなくてもユニバーサルクリップボードが使えました)

ただ、この機能が使えない場合は、下記の要件を満たしているか確認しましょう。

  • 各デバイスでそれぞれ同じ Apple ID を使って iCloud にサインインしている。
  • 各デバイスで Bluetooth がオンになっている。
  • 各デバイスで Wi-Fi がオンになっている。
  • 各デバイスで Handoff がオンになっている。

引用:ユニバーサルクリップボードを設定する

Handoffの設定方法

それぞれのデバイスのHandoffの設定方法は以下の通りです。

Macでの設定

Mac では、Apple メニュー () >「システム環境設定」を選択し、「一般」をクリックします。「この Mac と iCloud デバイス間での Handoff を許可」を選択します。

iPhone・iPad・iPod touchでの設定

iPhone、iPad、iPod touch では、「設定」>「一般」>「Handoff」の順に選択し、「Handoff」をオンにします。

ユニバーサルクリップボードが使えるデバイス

また、古いデバイスの場合、この機能が使えませんので、設定前に一度確認してみましょう。

Handoffの利用要件もほぼ同じです)

iOS10

  • iPhone 5 以降
  • iPad Pro
  • iPad (第 4 世代)
  • iPad Air 以降
  • iPad mini 2 以降
  • iPod touch (第 6 世代) 以降

引用:Mac、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch で連係機能を使用するためのシステム条件

macOS Sierra

  • MacBook (Early 2015 以降)
  • MacBook Pro (2012 以降)
  • MacBook Air (2012 以降)
  • Mac mini (2012 以降)
  • iMac (2012 以降)
  • Mac Pro (Late 2013)

まとめ

そこまで多用することもないかもしれませんが、この機能を使うことで楽になるケースも多いと思います。

例えば、僕は1PasswordというスマホアプリでIDやパスワードを一元管理しているんですが、

  1. iPhoneでIDやパスワードコピー
  2. そのままMacで貼り付け

ができるので、Macの有料アプリを使わずに済んでいます。

(本来は、iPhone側でIDやパスワードを表示して、それをMacで手入力する…という面倒な流れです)

使い方次第で、無駄な時間も手間もなくなるユニバーサルクリップボード。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

カテゴリーMac

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!