【確定申告】領収書は提出する?控除証明書の添付方法は?

会社員の「年末調整」、個人事業主や副収入が一定以上ある方の「確定申告」。

年末調整の場合は、経理担当者が手続きをしてくれるので、面倒なことはほぼありませんが、確定申告の場合は、税理士に依頼しなければ、自分で手続きをする必要があります。

今では、「クラウド会計ソフト」という便利なツールがあるので、経理の悩みは少なくなりましたが、「些細なこと」で悩むことはあるのではないでしょうか?

領収書はどうすればいいの?

例えば、「領収書の管理」などは些細の悩みの1つでしょう。

  • 確定申告の時に一緒に添付するの?
  • クラウド会計ソフトに画像をアップロードしたら捨てていいの?

など、「領収書は重要」とはわかるものの、「それをどうすればいいのかわからない」という方もいるのではないでしょうか?

領収書は添付する必要がない

結論から先に言うと、確定申告(年末調整)の時に領収書を添付する必要はありません

ここで言う領収書とは、生命保険料や医療費などの「各種控除証明書」のことではなく、経費で何かを購入した時に発行される、文字通りの「領収書」のことです。

  • 取引先と会食した
  • 事務用品を購入した

など、領収書を受け取ったら、しっかりと保存しておけば大丈夫です。

領収書の保存期間

その領収書の保存期間は、「5年」や「7年」など、状況によって変わりますが、「ずっと保存しておく」と認識しておけば余計なことを考えなくて済むでしょう。

年月日別にファイリングしておけば完璧ですが、それが面倒であれば、せめて年別にファイリングしておきたいところです。

領収書が発行されないもの

ちなみに、領収書が発行されないものでも、

  1. 各カード会社の利用明細書
  2. 各銀行での振込の控え(振込明細)
  3. 各コンビニより発行される領収書(レシート)

などがあれば問題ないとのことです。

各カード会社の利用明細書、各銀行での振込の控え(振込明細)、各コンビニより発行される領収書(レシート)が、それぞれ正式な領収書としてご利用いただけます。

引用:領収書について

引用元は、エックスサーバー(通信費)ですが、その他の項目に関しても同じことが言えるでしょう。

領収書は基本的に捨てない方がいい

クラウド会計ソフトでは、領収書などをアップロードする機能がありますが、アップロードしたから捨てても良いというわけではありません。あくまでも「管理を楽にする」という機能です。

調べたところ、領収書を捨てても良い条件もあるようですが、かなり面倒なので、「領収書は保存しておくもの」と考えた方がストレスフリーです。

Amazonには領収書の発行機能がある

Amazonでの買い物が多い方にとっては朗報ですが、Amazonには「領収書の発行機能」が用意されています。しかも、何年も前の領収書も発行できます。

僕の場合、2011年(6年前)に買った商品の領収書が発行できたので、領収書が必要になってから印刷しても良いかもしれません。

発行方法

発行方法は下記の通りです。

  1. アカウントサービス(自分のアカウントにログイン)
  2. 注文履歴
  3. 購入した年で絞込
  4. 領収書/購入明細書

控除証明書の提出方法

さて、もう1つの些細な悩みである「控除証明書の提出方法」ですが、基本的には台紙にのり付けして提出します。

クラウド会計ソフトを使っている場合は、確定確定書や決算書と一緒に台紙が印刷されるので、特に問題ないでしょう。

ちなみに、台紙にのり付けせずに提出しても特に怒られることはありません。これは僕が実際に試しました。

妻の妊娠・出産もあり、あまりにも控除証明書が多かったため、クリアファイルにまとめて入れて郵送したのですが、差し戻しなどもありませんでした。(源泉徴収票と本人確認書類だけのり付けしました)

ただ、税務署の担当者が代わりにのり付けしたり、クリアファイルの管理に困る可能性も否めないので、推奨はしません。

別にのり付けしなくても問題ないですよ。

マジで大変だから、ちゃんと台紙に貼って!郵送での申告だから特別に対応してるだけだよ!

など、ここら辺は、実際に税務署で働いている方の意見も聞きたいところです。

まとめ

以上、確定確定における領収書や控除証明書についての情報でした!特に、領収書に関しては、税金に大きな影響があるので、しっかり保存しておきましょう!

そして、もちろん、クラウド会計ソフトに経理を丸投げするのもお忘れなく:D

参考「freee」と「MFクラウド確定申告」を比較!おすすめは!?

キャリアアップ 給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

キャリアアップ 初めての就職・転職が不安な方におすすめの転職エージェント

キャリアアップ ブラックな求人広告を見分けてホワイト企業に応募する方法。

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!