MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

台風・大雨で停電(漏電)した時の原因と復旧・対応方法。

      2016/09/05

先月の8月30日に東北に上陸した大型台風。岩手県では死者が出るなど、東北地方に甚大な被害をもたらしました。

僕の住んでいる青森にも、夕方〜夜にかけて台風がやってきたんですが、停電したり、犬小屋が吹っ飛ばされたり、まあまあ大変な状況でした…(他の家への被害はありませんでした)

漏電になったら諦めるしかないの?

停電・復旧を繰り返していたものの、断続的には電気を使えていた我が家。5回目の停電でついに、完全に電気が使えなくなってしまいました。

ブレーカーを上げてもすぐに落ちてしまい、「漏電」になっていることが判明。電気が使えないショックで、こんなボケもかましてしまいました。

シェフ

よし、真っ暗だけど、ちょっと落ち着こう。まずは、テレビ見れないから、iPadでHEROESでも見ながら食事しよう…ってあれ?あ、Wi-Fi使えないのか。それじゃあ、パソコンで情報収集して…って、あれ?あ、Wi-Fi使えないのか。

もう諦めて真っ暗闇でご飯を食べて寝ようかな…と思っていたその時。スマホで「漏電 対処」と検索してみると、意外な情報を発見。

漏電してる部分の分岐ブレーカーだけ落とせば電気が使える

それは、漏電してる部分のブレーカーだけ落とせば電気が使えるという情報です。これまで、停電・漏電した時は「復旧するまで電気が使えない」と思っていたので、少し驚きました。

漏電した時の対処の流れはこんな感じです。

  1. 分岐ブレーカーを一つずつ(もしくはセットで)上げる
  2. 上げると停電になってしまう分岐ブレーカー(漏電してるところ)を特定する
  3. 落ちてしまう分岐ブレーカー以外の分岐ブレーカーを上げる
POINT

ブレーカーが落ちるまで時間がかかる場合もあるので、少し待ちましょう!

早速、このサイトを参考に、右側の「分岐ブレーカー」をオンオフしながら漏電してる部分を確認すると、確かに「一つだけ落ちてしまう分岐ブレーカー」がありました。

breaker

▲その分岐ブレーカーを落としたままにすると、他の分岐ブレーカーを全部上げても停電しないんです!文明開化!(謎の感動)

時間が経つと漏電から復旧する?

ちなみに、一夜明けて、漏電してた部分の分岐ブレーカーを上げてみたところ、落ちずに「上がったままの状態」になりました。

そもそも厳密には漏電じゃなかったのかもしれませんが、時間が経つと(乾くと?)漏電から復旧するということかもしれません。(しばらく待っても復旧しなければ業者に依頼するしかないのかな?)

また、現状、何の異常・問題もなく電気が使えていますが、「安全のために、漏電から復旧しても業者を呼んだ方がいい」という情報もあったので、ここら辺は自己判断になりそうです。

まとめ

  • 台風
  • 記録的な大雨

など、何らかの災害で「停電・漏電」になることもあるので、インフラがマヒしていない時は、今回のように対処してみてはいかがでしょうか?参考にしていただければ嬉しいです!

 - 生活術

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします